COLEGG Co., Ltd. タイ日系企業向け研修コンサルタント・支援

HOME > 現場力養成

2017-12-17

現場力養成

コース詳細

コース No.
T7
コース名
現場力養成
時間
9:00~16:30
定員
15名
対象
タイ人マネージャー、スーパーバイザー、リーダー、スタッフ

狙い

日本の製造業を中心として発達した「現場力」。それは「職場で発生する様々な問題を、上からの指示がなくても、自分達で自主的、自発的、自律的に解決する力」と定義されているが、その現場力を育てるためにはどういう能力が必要か。現場力を職場で育てるための方法を身につけ、職場で展開できるようにする。

特徴

主にタイにおける工場での事例を使い学習が進められます。特に、現場力の中核的力は「ムダ・ムリ・ムラの排除」と「見える化」であり、これらの学習に重点が置かれます。また、これらは、生産部門に限らず、営業やサービス等の業務にも十分活かせられます。演習においては、受講生は実際の「見える化」の作成が求められます。この研修を通じて受講生には現場力向上に向けた進め方を身につけて頂きます。

概要

受講生は実際のタイの職場を舞台にした、さまざまなケーススタディやグループディスカッション、個別課題等を通して、以下の流れで現場力についての理解やスキルを向上させ、あるべき現場力向上法を発見していきます。

  1. 現場力とは何か
    ① 現場力とは誰の力か
    ② 現場力向上の条件
  2. 作業標準と標準生産
  3. 異常の発見と問題解決
  4. 見える化
    ① 見える化とは何か
    ② さまざまな見える化
    ➂ 3MU(ムダ・ムリ・ムラ)の見える化
  5. 報・連・相

受講者の声

① 非常に有効であった。特に「見える化」は初めて知った。今後に活かしたい。

 (男性/Manager/製造)

② 時間が短すぎる。もう少し、長くやって欲しい。(男性/Supervisor/製造)

こんな方にお勧めです

・「見える化」が出来ていないと言われますが、「見える化」って何でしょうか。

・ムダ・ムリ・ムラの排除を上司から求められますが、私の職場にはムダはありません。これ以上、どうすればいいのでしょうか。